>>売れている理由を探る

ミネラルウォーターが相変わらず売れている。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアーなどに行けば、それこそ数多くのミネラルウォ
ーターが所狭しと並べられ、販売されている。

ミネラルウォーターといえば、10数年前まではウィスキーの水割り用の水でしかなく、一般家
庭とは縁のないものであった。
たかが『水』にお金を出すなんて考えられない、という日本の常識をひっくり返したのは、
1983年にハウス食品から発売された、「六甲のおいしい水」がきっかけだと言われている。

ハウス食品のマーケティング戦略が優れていたのは言うまでもないのだろうが、ミネラルウォ
ーターが一般家庭に浸透したもう一つの理由としては、日本の水道水に発がん性物質のトリ
ハロメタンやトリクロロエチレンが混じっている事が、さまざまなメディアで取り上げられ、
それまで日本の水道水は安全であるという神話が崩壊したことも、少なからず影響しているだろう。

これを機に、ミネラルウォーターは僕たちの一般家庭にどんどん浸透し、最近ではダイエット
に良いと言われるスリムウォーターとして「コントレックス」が情勢の間でブームとなる等、
その勢いはさらに増している状況だ。

ミネラルウォーターは、今やわたしたちの生活必需品となっていると言っても、
過言ではないのかもしれない。

おすすめWEBサイト 5選

水着でレディース物を探す